MENU

ダイエットスープで脂肪燃焼効果を上げる作り方の工夫

 

ダイエット効果以外にも、便秘解消、冷えの改善、代謝を良くして毒素を排出するなど、健康的な毎日を送ることができる脂肪燃焼ダイエットスープ。利用者が多いのも納得です。

 

また、特別な食材や、高額な市販の置き換えダイエット食などを使わないので、お手軽でお財布にやさしいダイエットであることも魅力のひとつです。

 

脂肪燃焼ダイエットスープを、毎日、自宅で用意するには、必要な材料はどんなものでしょう。安心してください。脂肪燃焼ダイエットスープの材料は、近くのスーパーや八百屋さんで簡単に手に入るものばかりです。

 

脂肪燃焼ダイエットスープに必要な野菜は、基本的になんでもかまいません。たとえば、たまねぎ、セロリ、キャベツ、トマト、ニンジン、ピーマンなどです。トマトは生にこだわる必要はなく、缶詰で売られているホールトマトで代用可能です。

 

スープのダシも、基本的にお好きな味付けで召し上がれます。和風であれば、2〜3リットルの水に、かつおぶし(10g)、昆布(5g)、鶏ガラスープ(5g)などはベーシックな出汁となります。ショウガや唐辛子を加えることで、味にパンチが出て、また、代謝が良くなるのでおすすめです。

 

少量の塩・コショウで味付けします。カレー、キムチ、豆乳なども味付けのバリエーションを増やしてくれます。これらも、脂肪燃焼をサポートしたり、食物繊維によるデトックス効果を持ったりしていますので、味のパートナーとしては最適でしょう。飽きないために味付けにもひと工夫できますね。

 

脂肪燃焼ダイエットスープは簡単に作ることができます。適量の水と、たっぷりの野菜が入る鍋を準備し、大きめにざっくりと切った野菜を入れ、塩、コショウ、お好みの香辛料を加えて、だいたい20分ほど、中火でゆっくりと煮込むだけです。

 

野菜は、クタクタに柔らかくなったのがお好きな方は長めに煮込み、歯ごたえが残る程度の野菜のシャキシャキ感を残したければ短めに煮込んでください。

 

栄養面や歯ごたえの食感などを考えると、短めにした方がいいですが、じっくりと煮込んでトロトロになったスープは温かく、より一層の代謝アップが期待できます。

 

味付けで気を付けなければならないことがあります。砂糖や油を使ってしまうと、せっかく代謝を上げて脂肪燃焼を促進させたいのに、真逆の結果を招くことになるから絶対にダメです!

 

味が物足りなければ、お味噌を加えて和風にしたり、コンソメやカレー味も変化がついて素敵だと思います。飽きてしまうのがダイエットの大敵です。毎日の気分で、味付けや風味をを変えて、毎日続けて脂肪燃焼ダイエットスープを飲むことが、ダイエット成功への近道と言えます。

 

このページの先頭へ